HOME > 2015opera




《第一部》18:00開演 
ピアノ:片桐えみ 総合司会:広瀬敦子 ヘア・メイク:長岡耕二


●オープニング

Stand Alone

(「坂の上の雲」の主題歌)              全 員
 (小山薫堂 作詞 久石譲 作曲 牧戸太郎 編曲)


◎バレエ
法村友井バレエ団(特別ゲスト)

 題名 プーニ「パ・ド・カトル」 
 出演 4名


◎日本歌曲


「うめぼれ鏡」


◎オペラアリア


『清教徒』より「あなたの優しい声が」

〜休 憩〜

《第二部》オペラ『カルメン』抜粋



*登場人物
 カルメン     福島紀子(Ms)
 ホセ       竹内直紀(T)
 エスカミーリォ  田中由也(Br)
 ミカエラ     那知上亜美(S)
 フラスキータ   西影純枝(S)
 メルセデス    西側槙里子(S)
 レメンタード   前田満(T)
 ダンカイロ    奥村哲(Br)

・ピアノ…………… 片桐えみ
・ヴァイオリン…… 園 歌織
・フルート………… 田畑裕美
・フラメンコ舞踊 …柳光みゆき
・キーボード……… 大河寿美子



(解説 広瀬敦子)
《1幕》 
 1.前奏曲
 2.ハバネラ
 3.母の便りは
 4.ゼギディリアと2重唱

《2幕》  
 5.ジプシーの歌
 6.闘牛士の歌
 7.やろうじゃないか…仕事
 8.止まれ、誰か、龍騎兵
 9. 2重唱と花の歌

《3幕》
 10.カルタの3重唱
 11.もう恐れはせぬ
 12.間奏曲

《4幕》
 13. ホセとカルメン闘牛場の外で

フィナーレ 乾杯の歌 (全員)



◆プロフィール


福島紀子(ふくしま のりこ) メゾソプラノ
大阪音楽大学卒業。同大学院オペラ研究室修了。第24回イタリア声楽コンコルソミラノ部門入選。第25回イタリア声楽コンコルソシエナ部門金賞。オペラでは、「フィガロの結婚」「コジファントゥッテ」「魔笛」「ポッペアの戴冠」「子供と魔法」「ブルスキーノ氏」「蝶々夫人」「リゴレット」「修道女アンジェリカ」「ファルスタッフ」「こうもり」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「アルバート・ヘリング」「領事」「おこんじょうるり」「よみがえる」「ラインの黄金」や「オルランド」「ロターリオ」「カルメン」のタイトルロールとして好演を評す。またアルトソリストとして「第九」「メサイア」「マタイ受難曲」「ロ短調ミサ曲」「三角帽子」
(バレエ音楽)などオーケストラとの共演や各種演奏会に出演。
現在、関西二期会正会員。大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団団員。大阪大学混声合唱、神戸大学混声合唱アポロンのアルトヴォイストレーナー。

西影純枝(にしかげ すみえ) ソプラノ
大阪教育大学附属池田小中高及び大学(特音)声楽卒業。
同専攻科修了。第8回国際声楽アカデミー、及びAccademia internazionale dell'Opera修了、デュプロマを得る。
名古屋二期会では、オペラは、魔笛(夜の女王)、コジ ファン トゥッテ(フィオルディリージ)他、コンサートはニューイヤー、オペラガラ、ゴールデン、イタリア歌曲、母と子の為の、東日本大震災復興チャリティー…等に出演。11年前に関西に戻ってからは.2003年より毎年ソロコンサート・リサイタルを開催。NHK-FM.An evening of ArtSongs.ときの華コンサート、La felice campagna musica等のコンサートや第2-8回せんば鎮守の杜芸術祭等に出演。定期的に特養老・ケアハウスでボランティアコンサートも行う他、三ッ石潤司教授公開レッスン主催など、裏方もこなす。名古屋二期会会員。ソワレの会(益子明美氏指導)及びBM関西(川井弘子氏指導)、ドイツリート協会所属、カフェ・アンドール歌の会、コーロ西風、フェリーチェホール歌の会指導、大野音楽院(豊中市)童謡唱歌の会及びスマイル・ミュージカル・アカデミ講師。Cantiamo Insieme主宰。


那知上亜美(なちがみ あみ) ソプラノ
大阪府出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修士課程修了。RMG International Classic(ウクライナ・キエフ)及び、マリインスキー劇場専属ソプラノ歌手Margarita Alaverdian女史のマスタークラス(ロシア・サンクトペテルブルグ音楽院)にて研鑽を積む。2012年に第16回松方ホール音楽賞を、2013年には第18回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞及び兵庫県教育委員会賞を受賞。在学中に、第26回台東第九公演(沼尻竜典氏 指揮)及び第22回三越の第九、第324回藝大フィル定期公演 グリーグ劇音楽「ペールギュント」ソールヴェイ役(井上道義氏 指揮)、JT「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」等に抜擢され出演した他、オペラでは「魔笛」パミーナ役、「椿姫」ヴィオレッタ役、他を演じる。大学院修了後もソリストとして、ヴェルディ「レクイエム」、ベートーベン「第九」、モーツァルト「レクイエム」、他に出演する。またNikolskaya図書館、Blok博物館(ともにロシア・サンクトペテルブルグ)での演奏会をはじめ、元サンクトペテルブルグ・フィル首席トランペット奏者Alexei Tokarev氏や、21世紀「世界の100人のピアニスト」(音楽の友)の一人にも挙げられたロシア出身のピアニストEvgeny Zarafiants氏と共演を果たす。今年1月にはイデア・フレッシュ・コンサートでの自身初リサイタルにて、全曲ロシア音楽のプログラムに挑戦するなど、国内外で幅広い表現活動を目指す。声楽を詫磨眞樹子、平松英子、莊智世惠、Mark Gulegin 、Margarita Alaverdian各氏に師事する。


西側槙里子(にしがわ まりこ) ソプラノ
大阪音楽大学を卒業後、イタリア国立ミラノ・ヴェルディ音楽院声楽科にて学ぶ。8年間にわたりアンナ・マリア・カスティリオーニ、サラ・コルティ、ダンテ・マッツォーラの各氏の下で研鑽を積む傍ら、イタリア各地で留学中からオペラ「トスカ」「ラ・ボエーム」「リゴレット」「ノルマ」等への出演をはじめ、コンサートの分野でも、イタリア各地にて豊富な実践経験を重ねた。帰国後も、「蝶々夫人」「椿姫」のタイトルロールの出演回数を重ね、2014年12月には産経新聞厚生文化事業団創立70周年記念オペラ「夕鶴」に出演。「フィガロの結婚」「魔笛」「ヘンゼルとグレーテル」「マクベス」「ラ・ボエーム」「こうもり」「ジャズオペレッタ・フリン伝習録」関西初演ソリスト出演等のほか、「メサイア」モーツァルト「戴冠ミサ」「第九」のソリストとしても活動し、リサイタルを各地で開催するなど、表現に説得力あるイタリア・オペラを中心にレパートリーの幅を広げている。また国内外のオーケストラ公演、コンサートのソリストとしても招聘され海外公演も多数。東京二期会正会員、神戸波の会各会員。

竹内直紀(たけうち なおき) テノール
島根県出身.京都市立芸術大学音楽学部管打楽専修卒業.卒業後声楽に転向.同大学大学院音楽研究科声楽専攻修了.第4回万里の長城国際音楽コンクー第1位,第1回エルピス声楽コンクール第1位.第19回宝塚ベガコンクール入賞.オペラでは「セビリアの理髪師」「椿姫」「こうもり」「カルメン」「愛の妙薬」「コジ・ファン・トゥッテ」「トスカ」「魔笛」「仮面舞踏会」「リゴレット」「夕鶴」「赤い陣羽織」「源氏物語」等200公演近くに出演.また宗教曲でもヘンデル「メサイヤ」モーツァルト「レクイエム」ヴェルディ「レクイエム」ブルックナー「テ・デウム」ベートーベン「第九」等のソリストを務める.響きの豊かなリリックな歌声で二枚目役からキャラクターの濃い役までこなしそして一人でも多くの方に「癒しと活力」を与えテノールの明るい響きで「日本を元気に!」をライフワークとして日々活動している.自身がリーダを務める異色のユニット「びわ湖ホール四大テノール」はNHK.BSクラシック倶楽部にて放送され大きな反響を呼んだ.上方オペラ工房メンバー.びわ湖ホール声楽アンサンブルソロ登録メンバー。


田中由也(たなか よしなり) バリトン
大阪音楽大学卒業。同大学院修了。本格的なオペラデビューは、朝比奈隆指揮の《ドン・カルロ》のロドリーゴ役である。以後数多くのオペラの主役を演唱し、特に《ファルスタッフ》のファルスタッフ、《フィガロの結婚》の伯爵、トスカの《スカルピア》など、歌唱・演技ともに絶賛を博している。コンサートの分野でも、数多くのソリストを務めている。また合唱の世界でも精力的に活動しており、混声合唱団カメリア、女声合唱団西山ハニーコール、天王寺区民合唱団の指揮者、大阪、神戸両フロイデ合唱団のヴォイストレーナーを務めている。
平成元年度文化庁国内研修生。関西を代表するバリトン歌手の一人である。現在、大阪音楽大学教授、特定非営利活動法人 関西芸術振興会理事。関西歌劇団 副理事長。


前田満(まえだ まん) テノール
大阪音楽大学声楽専攻科修了。高校3年の夏から声楽を学ぶ。同大学在学中よりオペラを中心に演奏活動に励み、魔笛、コジ・ファン・トゥッテ、椿姫、ラ・ボエーム、トスカ、トゥーランドット等、ソリストとして研鑽を積む。全国学生音楽コンクール大阪大会2位。東京国際声楽コンクール大学の部全国2位。ブルクハルト国際音楽コンクール全国1位。関西歌劇団正団員。田中由也氏に師事。


奥村哲(おくむら てつ) バリトン
大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業。同大学卒業演奏会に出演。また在学中に学内オーケストラと共演する。第63回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選。東京国際芸術協会より奨学金を獲てウィーン国立音楽大学のマスタークラスに参加、ディプロマを取得。これまでに川下登、淵脇和範の各氏に師事。現在、大阪音楽大学大学院・オペラ研究室在籍。
和泉市音楽家連盟「音の和」会員。
*詳細は、昼の部オペラプロフィール参照


柳光みゆき(りゅうこう みゆき) フラメンコ
1987年フラメンコ留学のために渡欧。メルチェ・エスメラルダ、パコ・フェルナンデス、パコ・ロメロ、シロ、、ラ・タティ等に師事。1989年帰国。数々のイベントに参加。舞踊教室の講師としてレッスンを始める。毎年スペインへ渡欧。
1997年独立し、大阪、京都、高知等でクラスを開講。舞踊団を結成。
2006年大阪にスタジオ「アル・コンパス」をオープン。現在西日本を中心に活動し、多数のイベント、ライブに出演する傍ら、後進の指導にあたる。


園歌織(その かおり)ヴァイオリン
相愛大学音楽学部器楽学科 研究科卒業。相愛ジュニアオーケストラ講師として後進の指導を行いながら、演奏活動もしており、10月18 日日曜日三宮 東亞ホールにて、8人のバイオリニストによる演奏会をいたします。13時半開演です。大阪市内でバイオリンとピアノの教室も開いております。詳しくは、『バイオリン園歌織』で検索頂けますので、どうぞよろしくお願いいたします。


田畑裕美(たばた ひろみ)フルート
大阪府立夕陽丘高校音楽科を経て、神戸女学院大学音楽学部音楽学科器楽専攻を卒業。卒業後、単身渡欧。ウィーンとドイツにて、E.クラムバウアー、N.マリッジ、G.パス・ファン・リート、P.グレール、関根雅裕の各氏の下で研鑽を積み、F.レングリ、A.リーバークネヒトの各氏の指導を受ける。2014年3月、関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。 同年9月、ソロリサイタルを開催し、好評を博す。
これまでに福田七枝、板垣立子、五十嵐香美、岡晢子、西田直孝の各氏に師事。

片桐えみ(かたぎり えみ)ピアノ
大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学ザ・カレッジオペラハウス専属ピアニストを経て渡伊、故・G,シミオナート女史による「イタリアオペラ・マスタークラス」のピアニストを務める。
以来、多くの内外声楽家・ヴォイストレーナーの下でレッスンピアニスト、アシスタントを務め、イタリア声楽全般、コーチング法を学ぶ。ワルシャワ、ベルリン、パリ、マドリッド、寧波、杭州において国際親善演奏会の伴奏を務める。Tivoli Accademia internazionale dell‘operaマスタークラス修了。同地公館に於いて演奏会に出演。
現在、声楽伴奏ピアニストとして活動すると共に、マリエッラ・デヴィーアをはじめ、ベルカント普及の為の公開レッスンなどを企画・開催している。イタリア声楽協会、神戸音楽家協会各会員。

前売り券のご予約は↓フォームより
 副実行委員長 幡地が承ります。(通信欄にご予約枚数を明記ください)
 当日入り口に前売り・当日券カウンターを設置しております。
 ご予約のお名前で「前売り価格3,800円」にてチケットを用意しております。
ご注意:10月のはじめとは言え例年のごとく昼夜の気温差があります。
 ご観覧の際にショール等をご持参いただけると快適に鑑賞いただけると思います。)
・マルシェでは、軽食や温かいお飲み物などご用意しております。



通信欄にどちらで「せんば鎮守の杜芸術祭」をお知りになったかも明記ください。

LinkIcon2014opera